脱臼


脱臼(だっきゅう)とは
・関節に非生理的な外力
 が作用した結果、関節を
 構成する骨頭と臼蓋(きゅ
 うがい)の相互の関節面
 が正しい位置関係を失っ
 ている状態を指す。
・外傷性脱臼の場合は、
 関節包を含む支持組織
 に断列が生じ、その裂隙
 から骨頭が関節包外に
 逸脱している。

Nucleus Medical Art
脱臼の分類
a.外傷性脱臼、先天性脱臼、病的脱臼がある。
   外傷性脱臼・・・・外傷が原因で起こったもの。
   先天性脱臼・・・・先天性股関節脱臼が代表的で、骨頭とそれに対応する関節窩が初めから離れ
             た所にできる場合と、胎内で既に脱臼している場合がある。
   病的脱臼
    炎症性脱臼・・・・幼児期の骨髄炎や関節炎などによる。滲出液が関節包に溜まって関節包を
              広げてしまうため、あるいは骨頭や関節窩、関節包が破壊されたために起こる
              場合がある。
    麻痺性脱臼・・・・ポリオなどの神経麻痺による。
    痙性脱臼・・・・脳性麻痺などによる。

b.脱臼が複数回の場合
    反復性脱臼・・・・外傷性脱臼を起こしたあとに、軽微な力で脱臼を繰り返すもの。
              これは、固定期間が不足した場合や、腱の付着部位が剥離骨折している場合
              などに発生し、肩関節、顎関節に発生しやすい。
    習慣性脱臼・・・・明らかな外傷がないにも関わらず軽微な力で脱臼を繰り返すもの。関節の弛緩
              など素因がある場合に発生することがある。

c.脱臼の程度による分類
    完全脱臼と不完全脱臼(亜脱臼)があり、後者は部分的に関係が保持されているものをさす。

d.関節面の相対位置による分類
   近位関節面に対する遠位関節面の位置で分類する。
    (四肢については、体幹に近い側を近位、遠い側を遠位と呼ぶ。)
     前方脱臼・・・・近位関節面に対して遠位関節面が前方に転位した場合
     後方脱臼・・・・        〃            後方に転位した場合
     上方脱臼・・・・        〃            上方に転位した場合
     下方脱臼・・・・        〃            下方に転位した場合
     側方脱臼・・・・        〃            側方に転位した場合
     内側脱臼・・・・遠位関節面が正中面の方向へ転位した場合
     外側脱臼・・・・    〃    正中面から遠ざかる方向へ転位した場合
     その他・・・・大腿骨頭が寛骨臼窩を破壊して中に入り込んだ場合は、中心性脱臼あるいは
             内方脱臼と呼ぶ。


脱臼の症候や合併症
・関節部の痛み、腫脹、変形、あるいは関節を軸にその先の部位が正常に動かす事が出来ない、
 脱臼をした部位が短くなっている、などの症候がある。
骨折神経損傷、血管損傷、骨の阻血性壊死などを伴うこともある。


脱臼の治療
・一刻も早く整復する事が大切であり、骨折に較べてはるかに緊急を要する。
 (時間の経過に伴って整復しにくくなること、機能障害を残しやすいことがあげられる。どれだけ遅く
  とも8時間以内には整復を行うべきであり、さらに遅れると全身麻酔下での手術が必要になること
  もある。)
・脱臼の整復には原則として専門家の手を必要とする。自分で整復できた場合でも専門家や医療機
 関での受診が必須である。
・関節内の損傷状況により固定、リハビリテーション、加療が必要となる。
・関節の回復は遅く、およそ6~9ヶ月かかる。長期固定が難しい事もあって、脱臼が習慣化する事が
 多い。
・事故などの場合、脱臼に伴って関節構成組織(靱帯、半月、軟骨、関節包など)を大幅に損傷して
 しまった場合、その治癒はさらに長期間を必要とし、修復の過程が完全に終了するまでには数年を
 要することもある。しかも、完璧に元通りにはならず、瘢痕組織(膠原線維が多い結合組織)に置き
 換わってしまい、関節の強度は低下してしまうことが多い。


<関連リンク>
  骨折  捻挫  痛みとは  鎮痛薬まとめ

2012年11月  stnv基礎医学研究室・清水隆文

stnv基礎医学研究室 stnv.net/med/
stnv.net(ノーフレーム版) stnv.net/jp/(フレーム版)