MDMA


メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)
・1912年にドイツのメルク社によって、食欲抑制剤とし
 て合成された。
・1970年代から1980年代初頭までは米国において心
 的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress
  disorder;PTSD)などの治療薬として頻用された。
・その後は「幻覚剤」および「レクリエーション・ドラッグ」
 として拡大した。
・米国において1985年に非合法な薬物に指定された。
・日本では「麻薬及び向精神薬取締法」において「合
 成麻薬」として規制されている。

MDMAは覚醒剤ではない
・MDMAは、脳内のセロトニンを過剰に放出させ、その
 他にもカテコールアミン類の放出をも促進するとされ
 ている。
・その結果、多幸感や他者との共有感が得られるとさ
 れている。
・その反動で、薬が切れるとセロトニン量が減り、抑う
 つ状態に陥る。
・精神的依存をおこす可能性がある。
・大量摂取した場合の症状は幻覚剤であるLSDに似
 ており、更なる過剰摂取は死を招くことがある。

錠剤中には不純物も多い
・MDMAの錠剤には、効果を上げるために覚醒剤が混
 ぜられていたり、不純物が混入していたりするため、
 さらに危険なものになっている。
・連用により、神経細胞が破壊され、記憶障害、幻覚、
 妄想などの症状を引き起こす。また、永続的な後遺
 症になる危険性もあると言われている。

MDMA(メチレンジオキシメタンフェタミン)
3,4-methylenedioxymethamphetamine)

錠剤型のMDMA 「エクスタシー」

原料にされているサフロール
・海外において、クスノキ科の植物体に含まれる製油成分で
 あるサフロールからMDMAが密造されていると言われてい
 る。

サフロール(safrole)
<関連リンク>
 覚醒剤   コカイン   麻薬

2012年6月  stnv基礎医学研究室・清水隆文

stnv基礎医学研究室 stnv.net/med/
stnv.net(ノーフレーム版) stnv.net/jp/(フレーム版)